読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィロティモス偸生記

καθεύδειν αὐτὸν οὐκ ἐῴη τὸ τοῦ Μιλτιάδου τρόπαιον.

奴隷は死ね、人間は生きる

news.nicovideo.jp

この経験を振り返って汐街さんは、「過労自殺と聞くと『死ぬくらいなら辞めればいいのに』と、思う人は多いでしょうが その程度の判断力すら失ってしまうのがブラックの恐ろしいところなのです」と綴っている。漫画では例えとして、元気な時は「退職」「転職」「サボる」といった多くの分かれ道や扉が見えているが、真面目な人ほどそれを「親に心配かけたくない」などと塗りつぶしてしまう様子が描かれている。そして、何度も塗りつぶしているうちに、長時間労働が思考力や視界を奪い、残された道は到底登ることができない崖のみになり、力尽きてしまう。

利己性とプライド、怒りを失った人間は人間じゃない。動物以下だ。そんな奴はものを言う道具であり、壊れた場合には舌打ちをしながらゴミ箱にでも放り投げるというのがそれへの扱いとしては順当だ。顧慮やリスペクトには値しない。まっとうな人間ならギリギリまで追い詰められるよりももっと早い段階で「この糞企業がァ!」と思うはずだ。自分のお人よし、臆病、グズ、怠慢、無能、消極性を人様のせいにしてほしくない。そんな扱いに怒りもせずに反抗しないことでブラック環境の維持と再生産に加担するのをやめてさっさと力尽きてくれくれたほうが世のため人のためというものだ。

人間としての尊厳を顧慮され、リスペクトを受けるに値するのは自分のプライドや名誉を侵された時に怒り、逃げるにせよ戦うにせよとかく反抗することができる者だけであり、そのようなものだけがものを言う道具ではなく、一人の人間とみなされ、扱われるべきなのだ。こんなカス野郎に比べれば、反乱を起こして主人を血祭りにあげた奴隷、そこまでいかなくとも手を抜いてサボタージュする奴隷のほうがよっぽど人間としての尊重に値する。ブラック企業にひどい扱いを受けた時など、隠れて転職活動をしながらこの面従腹背を楽しんだり、急にバックレて会社の連中の吠え面を思い描いてせせら笑うくらいではなけばいけない。それでこそ人間だ。俺なんてパワハラ野郎にこき使われるバイトを二回バックレ、運悪く糞企業に入った時には入社半年程度で転職活動を開始し、転職を実行したくらいだ。俺はその点まことに人間としての誇りと尊厳に満ち溢れた益荒男だといえる。

書きたいことを書き終わったので、ここいらでアンドレ・ジッドの言葉でもってこの愚痴を締めたい。

反抗し、憤ることのできない精神は無価値な精神だ。……物事はそう簡単に受け入れてはならない。(『Journal』より)