フィロティモス偸生記

καθεύδειν αὐτὸν οὐκ ἐῴη τὸ τοῦ Μιλτιάδου τρόπαιον.

対岸のクレイジー魔女裁判

jbpress.ismedia.jp

中世には神の名の下に魔女を狩っていた連中が今日では人権思想に基づいて「差別主義者」を狩ってるとは、まったく月並みなハナシだが、歴史は繰り返すってのは本当だな。しかも今も昔もやってる連中は大真面目、自分の大義をひとかけらも疑っていないのがさらに笑える。真面目な馬鹿こそ最高のコメディアンだぜ。

「そうした学生の心情にも配慮すべきだ」と考えた大学側は、ブリトーの提供を許可したことは誤りだったと謝罪した。加えて今後は、イベントを開く学生に対して「文化習熟トレーニング」の受講を義務付けると発表した。

このくだりなんかめまいがするくらいにポリコレ野郎のクレイジーっぷりが際立ってる。お前ら最高だよ。社会主義国かっての。お前らマオ(毛)ちゃん? それとも筆髭?

はた目にはゲラゲラ笑える喜劇だけど、近年には本邦でも異端審問官が騒いでるから気が抜けないがね。