読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィロティモス偸生記

καθεύδειν αὐτὸν οὐκ ἐῴη τὸ τοῦ Μιλτιάδου τρόπαιον.

ウチの研究室には、有能な研究者の卵とみなされていて、ちょうどその頃博士課程を満期退学していた先輩がいて、当時在学中の俺も彼には一目置いていた。

俺がその大学を出てウン年、久々に好奇心で研究室のホームページを覗いてみたところ、今年4月の時点での彼の肩書は(大学で職を求めるにはあまりに遅いというような年齢ではないものの)非常勤講師。片や研究者になるという夢を捨てた俺は多少の遠回りをし、零細企業で安月給でこき使われてはいるものの、今は正社員のサラリーマン。

彼は俺が恋い焦がれた学問の世界で頑張っていて、俺は本を読んだりできるような時間を会社で小金に換えている。

何だろう、この微妙な感じ。

羨望とも優越感とも失望、残念とも言い切れない、しかし全てがまぜこぜになった気分は。