読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィロティモス偸生記

καθεύδειν αὐτὸν οὐκ ἐῴη τὸ τοῦ Μιλτιάδου τρόπαιον.

完璧主義vs漸進主義

blog.livedoor.jp

 

批判の雨あられを見ていて思うんだけどさ、そりゃあこの施策が完全に満足のいく対策じゃあないとしても、現状からの一歩前進としてポジティブに捉えられないもんかねえ。

「ここがダメじゃないか! 100点満点の対策以外は認めんぞ!」っていう減点式よりも、「お、いいじゃん。それでさ、ここをこうすればもっと良くなるんじゃない?」っていう加点式、あるいは褒めて伸ばすやり方の方が現状の改善につながると俺は思うんだよね。対策をする側だって人間なんだからやることなすこと片っ端から批判されればやる気が出ないし、「じゃあいいよ。金が必要なトコは他にもあるんだから」って逆ギレしたくもなるってば。

ヒトの出した案を目指す最善の理想と比べるか、それ以前の状況と比べるか。どっちが既存の状況の改善、ひいては自分のトクになるか、よーく考えて批判したいところだね。