フィロティモス偸生記

καθεύδειν αὐτὸν οὐκ ἐῴη τὸ τοῦ Μιλτιάδου τρόπαιον.

時たま「多数決は勝てばそれが正しくなる」とか言われるのを見るけど、多数決で決まるのは「正しさ」だなんていう形而上学的な価値じゃなくて、ただ「何をするか」という形而下のことじゃねえの?

例えばさ、友達のグループ内でお昼にどこに行くかを多数決で決めてラーメン屋に行くことになったとしても、「昼食ではラーメン屋に行くことが正義だ!」だなんて仰々しい話にはならないよね。それと同じ。