フィロティモス偸生記

καθεύδειν αὐτὸν οὐκ ἐῴη τὸ τοῦ Μιλτιάδου τρόπαιον.

昨今、法学者たちとサヨク系の人たちの間で集団的自衛権違憲だのどうこうという話が盛り上がってるらしい。

俺としてはさ、集団的自衛権違憲っていうんならそもそも自衛隊の存在そのものが違憲なんじゃないのかと思うし、そして明らかに違憲としか言いようがない自衛隊の存在を容認しておきながら集団的自衛権をどうこう言うのはどうも解せない。

前提条件なしで憲法の規定を読ませれば100人中100人が自衛隊違憲だって言うはずだぜ。あんなもん誰がどう見ても軍隊だよ。あれは軍隊じゃございませんだなんて「事変だから戦争じゃないもん」と同じくらいに笑える詭弁だぜ。

そんなことをスルーして集団的自衛権をああだこうだ言うのは、警官が目の前でひき逃げされた人がうずくまっているのにスピード違反の原付の相手をしているようなもんじゃねえのかと素人の俺には思われるってわけよ。

学者先生の考えることはよく分かんねえや。