フィロティモス偸生記

καθεύδειν αὐτὸν οὐκ ἐῴη τὸ τοῦ Μιλτιάδου τρόπαιον.

すごい自己万能感を感じる。今までにない何か熱い自己万能感を。

生活保護叩きをする人たちの発言を見ていると、彼らは自分が生活保護を受けるような不運に見舞われるとは毫も考えていないかのようだ。

自己責任論を展開し、人生において失敗を味わった人たちに「甘えている」だの「努力が足りない」だとのいう言葉を浴びせかける人たちは、環境や巡り合わせなどまったく等閑視してあたかも人間はやる気になれば自分の力一つで何でもかんでもでき、何にでもなれると考えているかのようだ。

俺はかねてより不思議に思っているのだが、彼らのこのものすごい自信と自己万能感はいったいどこからやってくるのだろうか。