フィロティモス偸生記

καθεύδειν αὐτὸν οὐκ ἐῴη τὸ τοῦ Μιλτιάδου τρόπαιον.

ネイティブに笑われるのか?

世間では「こんな英語をしゃべるとネイティブに笑われる」とか「こういう表現を使えばネイティブは怒りますよ」的な言説やらそういう本があるけど、俺はこの手の文句には違和感を覚えてしまう。

というのも、逆の立場に身を置いてみれば分かると思うけど、日本語を母語としない外国人がアクセントの変な日本語で「貴様の出身地がどこですか?」(誤植にあらず)などと言ってきた時、よっぽど底意地の悪い人じゃない限りは「貴様とはなんだ!」と怒ったり、「プークスクス。てにおは変だよ」とかいう風に馬鹿にしたりしないんじゃないか。たいていの人は相手は日本語話者じゃないからと多少変な表現は見逃してくれるはずだし、何かしらのことを言うにしても怒りや嘲笑ではなく親切心から「貴様っていうのは使わない方がいいよ」と忠告するのが関の山だろう。日本語話者が例外的に寛大で親切であるか、英語話者には嫌な奴しかいないと想定しない限り、英語話者だって同じように寛大で親切に振る舞ってくれると考えるのが自然。

そういうわけだから、「こんな英語をしゃべるとネイティブに笑われる」とか「ネイティブは怒りますよ」とかいうのは、本を売るための方便であることを加味してもなお「本当かいな」と俺は思う。