フィロティモス偸生記

καθεύδειν αὐτὸν οὐκ ἐῴη τὸ τοῦ Μιλτιάδου τρόπαιον.

ホッテントリにあった巧みなレトリックの記事

ホッテントリでこんな記事を見た。

ブサヨ、中韓のポチと呼ばれて… - 仮想と現実

この記事を見て、俺はこの人は巧みなレトリックの使い手だなあ、と思った。それというのも、この記事では、「ブサヨであり、中韓のポチであり、反日」というラベルを貼られて批判を受けている人が、そのラベルのついたビンの中に一緒に入っているとりたてて有害でもない要素を取り上げて「この人はこんなことで我々を批判している」という風に批判を受け流しているからだ。

話を分かりやすくするために別の例を挙げてみよう。ナチスホロコーストのような悪事を働きはしたが、同時に国民の健康のために様々な施策を行ったそうだ。目下の記事でなされていることは、ホロコーストを念頭においてなされた「お前らナチスは悪い奴だ」という批判を受けた人が、「ナチスは国民の健康のために様々な施策を行った。あなたはナチスが行った国民の健康のための施策が悪いと言うのか?」と言い返すようなもの。これなら(あまり聡くない)批判者は「いや、そうじゃないけど……」と引き下がらざるを得なくなり、批判を受けた人は「ほら見ろ。ナチスは悪くないだろ」と批判をかわすことができる。

いやはや実に見事。ブラボーだ。優れた実例として弁論術や修辞学の教科書に載せたいくらい。