読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィロティモス偸生記

καθεύδειν αὐτὸν οὐκ ἐῴη τὸ τοῦ Μιλτιάδου τρόπαιον.

学歴のカテゴリーミステイク

なんか高学歴とか低学歴っていう風に学歴に高低を述べるのは言葉の用法としてなんかおかしい気がしてきた。というのも、goo辞書によれば学歴は「学業に関する経歴」なので、経歴が高い低いというのはカテゴリーミステイク*1なのではないかと思う。現に「テニス歴が長い」とか「芸歴が短い」とかいうのは言語表現としてしっくりくるけど、「サッカー歴が高い」とか「サラリーマン歴が低い」っていうのは言語表現として明らかにおかしいし、誰もが違和感を感じるだろう。

そんなワケでもっと別の表現を使った方が言語表現として正確を期することができるんじゃなかろうか、と思った次第。

*1:「この正方形は高い」とか「この痛みは低い」のように、その属性を帰属させることができない対象に属性を帰属させること。哲学用語なのでさらりと使えればかっちょいいぞ!