読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィロティモス偸生記

καθεύδειν αὐτὸν οὐκ ἐῴη τὸ τοῦ Μιλτιάδου τρόπαιον.

蛮地に在りて

http://anond.hatelabo.jp/20140304230825

 

やべえ。すげえこれ分かる。俺は読む側だけど。

一年弱ぐらい前から都会から都落ちしてきて地元で働いてるけど、ウチで購読してる地方紙はこんな記事ばっかだわ。

あとな、文化的なイベントも酷いぜ。カルチャースクールとかの教養講座も手芸とか健康体操とか絵画とかみたいなもんばっかでしょぼくれた感じのものしかしない。そういえば最近は債務整理の説明会的なものが増えてきたな。

一方、文化の担い手であるはずの図書館は図書館で、県境を一歩跨げば即座に可燃ゴミに早変わりするような郷土史やお国自慢の本であふれかえってて、都市部の大学にいた頃には大学の書庫で「読みたい本が多すぎて読み切れねえよ」と呆然とするくらいだった外国史や哲学の本はろくすっぽない。学術書はあったとしても「はやわかり」的な薄っぺらい本ばかりで、体系的に学べるような正統派の本は滅多にお目にかかれない。甚だしきは古典の欠如。トゥキュディデスの歴史もデモステネスの演説集もプラトンの対話篇もろくすっぽ読めない。

これで地域の文化の担い手だァ!? ちゃんちゃら可笑しいわ! 〇田市立図書館さんよぅ!

 

ありていに言えば文化とインテリジェンスの香りがしないんだよ。

俺みたいなフィロソフォス、知を愛する人には監獄だよ、この田舎は。

 

 

オラこんな村嫌だ!

銭コア貯めて都会さ戻るだ!